FUJIFILM X30

新しいデジカメを買ってみた。
一眼レフが大きくて重いから。
交換レンズは一本でも重いのに、欲張っていろいろと持っていきたくなるのだ。
そうすると、中年の体力には手に余る結果となり、撮影が苦行となる。
写真を撮る、ただそれだけの目的ならそれも良いが、旅行やツーリングに大きなカメラバッグを携行するのはちょっとしんどい。
そこで選んだのが富士フイルムの「X30」である。

049_20150208103319b2b.jpg
箱は特に高級感もない。普通。

X30を選んだ大きな理由がこのデザイン。
050_20150208103317917.jpg
カメラはこうでなくちゃ、というオッサンのガンコな所有欲を満たしてくれる。
光学ファインダーを持つX100Tの方が美しいが、これはこれで良しとする。

051_20150208103317fdb.jpg
軍艦部。
フジノンレンズのロゴマークが刻まれており、またしてもオッサンを泣かせてくれる。
ホットシューもあり、シャッターボタンにはレリーズも装着できる。

052_201502081033143fd.jpg
右側のダイヤル部。
やっぱりこれですよ。ダイヤル。
一番使う頻度が高いと思われる露出補正ダイヤルが最も使いやすい場所に置かれている。
露出は上下3段、1/3刻みで補正できる。十分である。

053_201502081033136dc.jpg
背面部。
X30を選ぶ決め手となったのが電子ビューファインダー(EVF)である。
カメラがデジタル化して一番不満なのは、カメラを身体から離して液晶モニターを見ながら撮影するスタイルだ。
「決定的瞬間」のアンリ・カルティエ=ブレッソンは、手持ちで1/4秒のシャッターを切るために、アスリートのようなトレーニングを重ねていたらしい。
ブレッソンでも、カメラを身体から離して撮れば1/4秒なんてまず無理だろう。
スナップ撮影でカメラを安定させるためにもファインダーがほしい。
これまでのEVFは画像の鮮明さが不足し、何よりもタイムラグという致命的なデメリットがあって採用されてこなかった。
しかし、X30はX20まで採用していた光学ファインダーをバッサリ切って電子ファインダーに切り替えた。
それだけ自信があったのだろう。
0.39型の有機ELファインダー は約236万ドットの高精細で高いコントラストを再現する。
視度調整も可能である。
なによりも視野率が100%でパララックスがないので撮影に集中できる。
肝心のタイムラグは0.005秒。
実際にファインダーを覗くと光学ファインダーと錯覚するような出来映えである。
ちなみに最近人気の1インチサイズセンサーの機種だが、キヤノンのG7Xはファインダーがないので選択肢から外れる。ソニーのRX100M3はEVFを持つが、ポップアップ式であくまでも明るい場所での撮影等補助的な使い方が想定される。
ファインダーをメインで撮影するとなるとフジが残るのである。センサーは2/3サイズだが、十分に美しい。
メインの液晶モニターはチルト機構が付いている。
モニターをチルトさせるなんて、おそらく猫を撮るときくらいだろうから、これはオマケだと考える。

レンズは35mm判換算で28mm~112mm相当のズームが付いている。
単焦点でも良いが、やっぱりズームが付いていると便利なんだよね。
F値はF2.0(広角)~F2.8(望遠)で明るさもしっかり確保されている。

X30がフィルムメーカーであるフジの製品らしい点として、フィルムシミュレーションがある。
色調や階調表現がフィルム名で表示されるのだ。
例えば、PROVIA/スタンダード、VELVIA/ビビッド、ASTIA/ソフト。
これは、フィルムを使い続けてきた中年にはとても分かりやすい。

他にも多彩な機能があるが長くなるので割愛する。

自宅で試し撮りをしてみた。

054_20150208103337697.jpg
PROVIAでカメラ任せで撮ったもの。
AF精度、階調表現、解像度、どれをとってもコンデジとは思えない。

055_20150208103335cea.jpg
「ローキー」で撮ってみた。
暗めの画面でハイライトが強調され、劇的な効果を生み出す。

056_201502081033346bf.jpg
「トイカメラ」
これはこれで味のある雰囲気に仕上がる。

X30は今現在、自分にとって最強のコンパクトカメラである。
これだけの事ができれば、一眼レフの出番はますます減っていくだろう。

ブレッソンが生きてたら、きっとおったまげることでしょうな。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか