パルホリデー

昨年、ヤフオクで偶然見つけたプラモデルを落札した。

050_20150201144758b1e.jpg

ホンダパルホリデーでがす。

何を隠そう(隠すつもりもないが)、パルホリデーはオッサンが16歳で原付免許を取って初めて買ったバイクなのである。
1976年に「ラッタッタ」のロードパルが発売されて爆発的な人気を博した。
一方ヤマハは足下すっきりのパッソルで対抗し、やがてHY戦争へ突入していくのである…。
なんてことは別にどうでもいいんだけど、ロードパルのバリエーションとして男子向けにパルホリデーとパルディンが2年後に発売されたのだ。
パルホリデーを見て、猫助少年はグッときたわけだね。
一目惚れという奴よ。
アルバイトがんばって買いました。
乗りました。
うひょ~、バイクすげぇ~!!ってなった。
今から思えば自転車に毛が生えたようなちゃちなバイクなんだけど、エンジンをかけてスロットルをひねった瞬間の感動体験は今でもはっきりと覚えている。
まあ、それでいまだにバイクに乗ってるわけだから、若い頃の体験はその後の人生に大きな影響を与えるわけなんだね。
今はネットとかゲームとか、若い人にはやることがたくさんあるので、バイクに乗るという選択肢は少なくなっちゃったんだろうね。
当時は高校生がちょっとバイトをがんばればすぐに買えたお値段だったわけだから、今とは環境も違うしね。
でも、ホンダは最近タクト(まあ懐かしい!)なんていうスクーターを比較的安いお値段で発売してるし、若い人に向けたきっかけ作りは大切にしてるんだよね。
やっぱりホンダ様は偉いわ。
もし、これを読んでバイクに興味を持ってくれた人がいたら、一度でいいから乗ってみることをオススメしたい。
こんな楽しいものがあったんだって気づくかもしれないよ。

さて、パルホリデーのプラモデルなんだけど、色もまさに自分が乗っていた黄色なんだよね。
箱を眺めているだけで懐かしさがこみ上げてくる。
パーツ数が少ないので簡単に作れるんだけど、さて、作ったものかどうか、何となくもったいない気もする。
もう少し箱を眺めて楽しんでいようかな。


タクト、良いバイクです。

http://www.honda.co.jp/TACT/
pic-color-04.jpg
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヤフオクで落札ですか。よかったですね。
お忙しいとは思いますが出来上がったらアップしてください。

あら、懐かしいバイク
あったあった、ラッタッタ・・・
私はYAMAHAチャッピー(赤)に乗ってました!結構な音だったと記憶しています。

プラモデルも大好き!
オートバイ、クルマ、お城・・とにかくミニュチアが好きでドールハウスにもはまりました。

No title

south様

コメントありがとうございます。
できたらブログにアップしますね。

チャッピーとはまた懐かしい!
ひょっとしてチェック柄のシートですか?
当時は騒音だけではなく、いろんな事にユルい時代でしたよね。
原付はヘルメットなんて要らなかったし。

south様がプラモ好きとは驚きました。
自分もたいていのジャンルは作りました。
押し入れには手つかずのプラモが山積みになってます…。
そのうちヤフオクで作ってくれる人に譲りたいと思っております。

とりあえず、パルホリデーに集中します!

No title

僕が初めて乗ったのは大学時代、友達がレストアした
CD50(?)でした。
大学の敷地内で乗り回すと言うおバカ具合でした(笑)
本田のエンブレムが七宝焼だかなんだかの豪華な逸品で
車とは全く違うリターン式のシフトに戸惑いましたが
あの初めての感覚は忘れられませんね〜。

その後その友達がCBR250Rを買って学校に乗ってきたのを見て
バイクに・・・というかハリケーンに乗りたい!
と憧れるようになりました。
でもお金と二輪免許がなかったのでひとまずは
NS50Fからのスタートでした。

僕の乗るバイクはどれもキットやミニチュア化されてませんorz

No title

しげにぃさん、コメントありがとうございます!

CDって、いわゆるベンリィってやつですか?
昔のCDはカッコイイですよねえ。
CD250がまだ新車で手に入ったらカスタムベースにしたいくらいです。

バイク乗りになるきっかけは人それぞれでしょうが、やっぱり原動機の力強さに感動する人って多いですよね。

NS50Fなんてキット化されてないでしょうねえ。(^_^;)
パルホリデーなんてマイナーモデルのキットがあったこと自体奇跡に近いことですもんね。
まあ、それほど昔のバイクブームはすごかったということでしょうね。

昔話を語りだすと止まらなくなるのはオッサンの証拠ですので、この話題はまた改めて。

ありがとうございました~!
プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか