それでいいのか

皆さんは「フォーリング・ダウン」という映画を観たことがおありだろうか。
20年以上前の映画だが、記憶を頼りにあらすじを書いてみる。

マイケル・ダグラス演じる眼鏡のおっさんは早く家へ帰りたくてイライラしている。
しかし、渋滞で車は一向に進まない。
キレたおっさんは車の外に出た。
後ろのドライバーが叫ぶ。「どこに行くんだ⁉」
「家に帰る。」
そう言い残して、おっさんは車を路上に放置したまま歩き出す。
おっさんのキレっぷりが気持ち良い。

家に電話しようとしたおっさんは、雑貨屋で両替を頼む。
しかし、店主に「何か買え」と言われ、仕方なくコーラを買う。
ところが、コーラが高くてブチ切れたおっさんは店主をぶちのめしてバットを手に入れる。

その後、チンピラに絡まれたおっさんは、ここでも思いっきりキレて、バットでチンピラどもをコテンパンにし、機関銃を手に入れる。
悪のわらしべ長者か。

ハンバーガーショップに入ったおっさんは、朝マックを注文するが、時間外だとして断られる。
「ちょっと待て、まだ時間内じゃないか。」
「1分過ぎてます。」
ここで、おっさんの怒りは頂点に達し、店内で機関銃を乱射する。
「このハンバーガーの見本を見ろ。美味そうだろ。」
「実際はこれだ。」と、ぺちゃんこのハンバーガーを客に見せる。
「誰もおかしいと思わないのか?」と、店にいる客に問いただす。
機関銃をぶっ放されてフリーズしている客。もちろん全員ドン引きである。
その中で、小さな男の子がそっと手を上げる。
ここが一番の笑いどころだ。

この映画、ここまでは凄く面白い。おっさんのキレっぷりが半端なく、清々しくすらある。
ところが、これ、コメディではないんだね。
だんだんと話が重くなってきて、最後は救いようのない結末で幕を閉じる。
コメディとして作っていれば、傑作になったと思うのだが、惜しい映画だ。



なぜ、こんな映画のことを長々と書いたのか。
今日マックでチーズバーガーを買った。
見本はこれ。


で、実際はこれ。


なるほど。
僕が機関銃持ってなくて良かったよね。
マックの人は感謝してもらいたい。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あららららら・・・
良くないですねぇ。
ウチの近所のマクドも一時期全然温かくなくて
チーズバーガーのチーズがとけてない!
サンドイッチかよ・・・と思ってたことがあります。
近頃は改心したらしく温かいのが出てくるようになりましたが。

逆に素敵だったのはやはり近所のロッテリアで
タワーチーズバーガーを頼んだら凄く丁寧に調理してくれて
持ち帰ってから包み紙を開けてもタワー形を奇麗に
保っていたことです。
キッチンの方に感謝しながら食べましたよ♪
ファストフードと言っても気持ちよく美味しく
いただきたいですネ。
プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか