89歳のラブレター

先日、映画「愛、アムール」の話を書いたが、全く別の形、でも同じく至高といえる夫婦愛の姿を見た。

NHK総合で本日19:30~19:56に放送された、『にっぽん紀行 2013春「89歳のラブレター~大阪・天五中崎通商店街~」』だ。

NHKネットクラブに掲載されている番組紹介をそのまま引用させていただく。

--------------------------------
大阪市北区にある古本屋「青空書房」。週に一度の定休日に、手書きのポスターが貼り出される。そこには店主から客へのエールの言葉が綴(つづ)られ、亡き妻への思いが添えられている。通りかかる人の多くが、ポスターの前で足を止め、店主の言葉を胸に刻んでいる。なぜポスターが人々の心をうつのか。都会の片隅で息づく、古本屋の店主と客との粋な交流を追う。
--------------------------------

3年前に奥様をがんで亡くされたご主人。夫は病床の妻に毎日絵手紙を書き続けた。妻はいなくなったが、夫は今でも妻へのラブレターを書き続けている。

手書きのポスターを見たい方は、ご主人のブログがあるので、そちらでご覧ください。

僕も歳をとったら、こんな風になりたい。妻に絵手紙を書き続ける夫になりたい。たとえ書けなくても、心の中では毎日書き続けていたいと思う。

再放送があったら、是非ご覧ください。

ちなみに、ご主人の書かれた本もあるようです。
早速ポチってみました。
読んだら感想など書きたいと思います。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか