東山魁夷 障壁画展

猫助が中学生の時、お小遣いで初めて買った画集が東山魁夷画伯のものでした。
2番目はゴッホ。そこまでははっきりと覚えています。
もう40年も前のことですが、東山魁夷画伯がちょっとしたブームになっていたのだと思います。
だから中学生の僕が興味を持ったのでしょう。
一目で画伯の日本画に魅了された僕は、毎日のように画集を眺めていました。画面を覆う青や緑にすっかり傾倒していたのです。

豊田市美術館で開催中の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」(タイトルが長い)に行って参りました。
061_2017052816145139c.jpg

豊田市美術館には初めてお邪魔したのですが、とても素晴らしい美術館でした。
062_2017052816145302a.jpg
立派な建物です。豊田市は潤っているのでしょうか。さすが世界のトヨタ様です。
貧乏な我がまち、浜松市が少し不憫です。
063_20170528161454247.jpg
建物自体がアート作品になっています。
064_201705281614560b9.jpg
ため息が出るような絶景。レストランではこのような素晴らしい眺めを楽しみながらお食事をいただくことができます。今回は大変混んでおりましたので諦めましたが、次回は是非立ち寄りたいと思います。

鑑真和尚様が唐の国から日本への渡航に何度も失敗し、それでも諦めず、失明を乗り越えて日本にありがたい戒律の数々をもたらしてくださったことは学校で習いました。
その鑑真和尚様が創建なさったのが唐招提寺です。

東山画伯が唐招提寺御影堂の障壁画制作を受けたのが1971年、最終的に完成したのが1981年ですから、10年もの歳月を要したことになります。
その間、日本各地のみならず中国にまで渡航し、障壁画のためのスケッチを重ねてきました。その姿は鑑真和尚様に重なって見えてしまいます。

展覧会は、スケッチや下図等も展示されており、画伯の制作過程をたどることができます。
そして現れる障壁画。
まったく見事としか言い様がなく、ただただ圧倒されてしまいます。
柱や梁などを含めて、御影堂がほぼ忠実に再現されており、全長80メートルに及ぶその壮大さに言葉を失ってしまいました。

「濤声」では、海の音が聞こえてきました。
写真のように時間の一瞬を切り取る芸術ではなく、画伯の絵は確かに動いていました。
波は今まさに盛り上がらんとし、松は風に揺れ、岩場は何万年にも渡って波に洗われ続けている。
海の水は写実的でありながら様式的でもあり、水を表現する青と緑はどこまでも透明かつ深遠でありました。
一つとして同じ形の波はありません。
「細部は全体を、全体は細部を支える」という画伯の言葉が思い起こされます。

「桂林月照」では、打って変わって無限の静寂さを感じました。月明かりに照らされた山々が水墨で表現されており、まるで黄泉の国に迷い込んだかのような静謐に包まれます。

今回の展覧会は唐招提寺の修理に合わせて企画されたもので、普段は非公開なのだそうです。
貴重な作品を拝見できて本当に幸せでした。
ありがとうございました。

今回は図録買いました。
065_20170528161535fe4.jpg
今夜じっくり目を通します。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか