健康第一

健康が何より大事というお話でございます。


私も人並みに長生きをしたいと目論んでいるわけで、健康維持にはそこそこ気を付けております。

今年の4月に人間ドックを受けたわけですが、結果表の肺機能の欄に、「肺年齢84歳」と書かれておりました。

職場の人に訊きましたが、そんなことは言われたことがないと。

家で家内に訊きましたが、やはり同じでした。

いや、言われたんじゃなくて書いてあるの。ほら、ここに。

家内に結果表を見せてもらいましたが、空欄でした。

私の結果表にだけ「肺年齢84歳と」書いてあるのです。

これは新手の嫌がらせなんでしょうか。

しかも、よく見ると昨年も一昨年も78歳、83歳と書かれていました。


84歳といいますと、日本人男性の平均寿命を超えているわけですから、いつ死んでもおかしくないということなんでしょうか。あるいは、割と長生きしているということでしょうか。


そのような話を某所でしたところ、「吹き矢が良いよ」と教えてもらいました。

あれです。忍者がよく使ってるやつです。

original.jpg

(参考画像)


今どきは「スポーツ吹き矢」といって、肺機能増進のためお年寄り中心に人気があるそうです。

お年寄りに人気という点に若干引っかかったのですが、背に腹は代えられません。

ネットで買えるそうなので、さっそく検索してみました。

いろいろ出てきました。

でも、お値段が結構張るんですね。

初心者セットで2万も3万もする。

中に1万円ほどで買えるものがあったので、「安い!」と思ったのですが、すんでのところでポチるのを止めました。

いろいろと面倒なんです。

注文したものが届いたとしましょう。

家内は「何が届いたの?」と訊きます。

私は「あ、これは吹き矢です」と答える。

「吹き矢??」

ここで、まず説明がめんどくさい。

まあ、健康のためですから納得してもらえるでしょう。

次に、「いくらしたの?」となります。

「ええ、これがとってもお安くて、ほんの一万円でした」

下手をすると、ぶん殴られるかもしれません。


なんであんな棒っきれと的が1万円もするんですか。

すみません。吹き矢業界の皆さんをディスっているわけではありません。

もう少し、家庭に波風を立てないようなお値段にしてもらえませんでしょうか。


そういうわけで、未だに84歳です。ひょっとしたら85歳くらいになっているかもしれません。


ただ長生きをすればいいというわけではなく、健康に生きることが大事なんですね。

「いつまでもあると思うな、親と金」と申しますが、健康もそうでしょう。

皆様も日ごろの体調管理に十分にお気をつけなさってください。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか