ダイソン買ったで!

敬愛する福山理子様(初代ミニスカポリス)がダイソンの掃除機をお買いになりました。
こちら
この中で理子様は、「中で、ホコリをつくってんじゃない? くらい、とれる」とお書きになられまして、私は危うく窒息しかけるほど笑ったのでした。
やっぱり理子様天才ですわ。こういう発想は我々凡人にはありません。
で、「猫助も買え」と言われたものですから、買ってみました。

どーん。
030_2017032319343064a.jpg
さらに倍!(意味不明)
031_2017032319343342c.jpg
好きな人の行動に影響を受けてしまう。我ながら可愛いオッサンであります。

で、使ってみました。
したら、ホコリがとれるとれる。怖いくらいとれる。
中でホコリを作ってんじゃないかと思うくらい……あ。

理子さん、ごめんなさい。
おっしゃるとおりでした。

ダイソン、恐るべし。

ワイルド7イラストレーションズ

少し前になりますが、望月三起也先生のイラスト集が届いておりましたのでご紹介いたします。
タイトルは、「ワイルド7イラストレーションズ」

ドン!
027_20170320155850da5.jpg
表紙からかっこよすぎます。
望月先生が遺された原稿をダイレクトスキャンした後にデジタルレストアを施したもの。
だからとても美しいのです。
ちょっとだけお見せしますよ。
029_201703201558522c9.jpg
028_201703201558510ab.jpg
ね、いいでしょ。すごいでしょ。
未発表の遺稿(未完成)も2点収録されていました。

サイズがA4版ですから、もう一冊買って、気に入ったページを額装しても素敵ですね。
あ、なんで気づかなかったんだろ。
もう一冊買ってきますわ。
では、皆様、ごきげんよう。

ご注文はこちらからなさるのがよろしいでしょう。
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68325371

「ワイルド7 1969 野性の7人 [生原稿ver.]」も出ますよ。
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68325526
私は予約済みであります。

言葉の壁

ソーラーパネル付きのライトを買ったわけです。
安いから。

ちゃんと日本語の取説がついておりました。
なかなか良心的です。

026_201703161920047ab.jpg

自分は素直な男ですから保護膜を引き裂きましたが、普通に剥がしても良かったように思います。
そもそも、「使用する前に取説を読め」という注意書きを取説に書いても仕方がないのではないでしょうか。

まあ、自分の英語なんてのはネイティブ・スピーカーの方から見たらもっとひどいんでしょうね。
これだけ書ければたいしたものです。

なんたって安いんですから。

植木をライトアップしてみる予定。
明日が楽しみでございます。

仮面ライダーV3

「仮面ライダーフィギュアコレクション」が創刊されまして、V3がついてくる第2号を(ややこしいね)買うかどうか迷ってるなんて話を書きましたが、割とすっぱり注文しておりました。

だって、これですもん。
023_201703151850476e3.jpg
V3格好いいんだもん。
024_20170315185048743.jpg
原型師さん、いい仕事してくれますなあ。

025_20170315185051feb.jpg
宮内洋さん(怪傑ズバットだよ!)のインタビュー記事もありまぁす。
第2巻もオッサンホイホイ仕様です。

本当に迷うのは第3号ですよ。
お題は「仮面ライダーBLACK RX」。
ああ、やばい、やばい。
この煩悩はどこかで断ち切らねば。
うっかり49巻コンプリートしそうだよ。

ま、先のことはゆっくり考えるとして、お父さん、2号は買っとこ。

これは迷わず買っとこ。


悩むのはこちら。

ポインター出動!

ブログ更新強化月間でございます。
案の定スピードが鈍って参りました。

先日購入したウルトラ警備隊のポインター号ですが、作ってみました。

えいっ!
021_20170312151455b77.jpg
できました!
これはちゃんと作りましたよ。

ちなみにAmazon様から盗んできた画像はこちらです。
017_20170304192209aa3.jpg
こうやって並べられましても……。
まあ、ちょっといろいろありますが。

組み立ては15分もあれば余裕です。
精度の高さはバンダイ様の技術力を感じます。
やはりデカールがね。
細かい数字が書いてあるのですが、そもそも数字が見えません。
指が震えます。
本当に細かいデカールは見なかったことにしました。
(本当に見えずに捨てたものがあるかもしれません。)

作業終了後、指に何かくっついてました。
022_20170312152343b05.jpg
うん。これも見なかったことにいたしましょう。
模型を完成させる上で大事なことは自分自身に折り合いをつけることではないでしょうか。
でも、モノを作るという作業はやっぱり楽しいですね。
皆さんも良かったらお試しになってください。
(50歳以下推奨)


寅さんクラシックコンサート

昨日、3月5日に蒲郡市民会館へ行ってきました。
目的は、「寅さんクラシックコンサート」でございます。
020_20170306200324e81.jpg
大ホールは寅さんファンで満員でした。
コンサートは2部構成で、第1部は映画「男はつらいよ」で流れたクラシック音楽を山本祐ノ介さん指揮による「寅さんクラシックオーケストラ」が見事な演奏で聴かせてくれました。
山本祐ノ介さんは「男はつらいよ」全作品の音楽を担当された山本直純さんのご子息なのです。お父様と同様の人なつこさとユーモアで、演奏される曲が映画のどこに使われたかを解説してくださいました。自分は山本直純さんのファンで、「オーケストラがやって来た」を毎週楽しみに見ていました。祐ノ介さんはお父様を上品にした感じでしょうか。
ああ、そうそう、確かにここで流れてたよね、と頭の中に映画の場面が浮かんできます。
ちなみにピアノの小山京子さんは祐ノ介さんの奥様だそうです。

休憩を挟んで、第2部は諏訪さくらこと、倍賞千恵子さんのご登場です。ご本人です。本物のさくらさんを間近で拝見して、猫助はこの時点ですでに涙腺が緩みかけておりました。
倍賞さんはおきれいですね。
お若い頃の美しさはまさに輝くばかりのまぶしさがあるのですが、今の倍賞さんも本当にお美しいのです。お若い方には良くわからないかもしれません。倍賞さんの美しさがわかる自分は少し得をした気分になりました。
倍賞さんは、「男はつらいよ」を27年やってこられて、映画がまさに学校だったとおっしゃっていました。映画を通して人生や人との付き合い方を学んできたと。
もちろん歌声も健在です。「死んだ男の残したものは」では、迫力のある歌唱で会場は感動に包まれました。
最後は寅さんの映像が流れ、オーケストラの演奏で「男はつらいよ」の世界にたっぷりと浸りました。
アンコールでは観客が全員で主題歌を合唱しました。もちろん猫助も大きな声で歌いましたよ。途中で倍賞さんが指揮棒を振るおまけ付きで、本当に感動的なコンサートになりました。

やっぱり寅さんはいいなあ。
猫助の人生の師匠です。
自分は寅にはなれませんが、精進して立派な猫になりたいと思いました。
そして、また倍賞千恵子さんにお会いしたいと心から願う猫助でありました。

ウルトラ警備隊ポインター

ブログ更新強化月間でございます。
すでに4日連続の更新。いつまで続くのか、この勢い!
多分そろそろ終わると思いますが。

さて、Amazonから手のひらサイズのポインター号が届きました!
018_20170304192211307.jpg
ウルトラセブンのメカはどれも大好きなんですが、特にポインター号は子供の頃、こんなに格好いい車が他にあるのだろうか!というくらい憧れておりました。

早速開けてみますよ。
019_20170304192213824.jpg
なんだ、プラモデルか。安い(300円)と思った。
自分で作るのか。めんどくさいな。

えいっ!
017_20170304192209aa3.jpg
できました!

ウソです。
Amazonから画像を盗んで貼り付けました。
完成したらこんな感じになります。ということでよろしくお願いします。

しかし、模型に関してはずっと作る作る詐欺が続いておりますので、今回は真面目に作りたいと思います。
問題はいつもデカールでね。老眼には見えないんですよ。
でも、ちゃんと作りますよ!
完成したらお知らせします。

武士に二言なし。

(武士とは言っていない)

マジック

ディック・セント・ニクラウスと聞いて、それが誰かをすぐに思い出せた人はレクター博士並みの記憶力の持ち主でありましょう。
でも、「マジック」という曲名を聞くと特定の年代の人にはピンとくるかもしれません。
そう。あなたも私も立派なおじさん、おばさんなのです。

1980年に大阪の輸入レコード店から人気に火がつき、「関西限定」なるアルバムが発売され、後に全国で発売されました。その頃私は大阪で学生をしていたものですから、深夜ラジオで「マジック」が何度も流れてたのを覚えています。
日本だけ(あるいは関西だけ)でヒットした曲なので、その後も語り継がれることはなく、私の記憶からも消えていました。
最近、ラジオ番組で、「この曲聞いたことがあるな……」と思ったのですが、どうしても思い出せない。
今時は便利なもので、ネットで放送された曲が調べられるのです。
そこで見つけたのが、ディック・セント・ニクラウスの「マジック」でした。
おお、なんと懐かしい。もう一度聞きたいと思ったのですが、世界的には全くヒットしなかったものですから、AmazonやiTunesには当然ありません。
ところがところがベティーちゃん、期間限定でアルバムが再販されていたのです!
016_201703031555561ee.jpg

1000円ほどですから、すぐに注文しました。
やっぱり懐かしいですね。スタンダードナンバーは時を超えて聞き継がれますが、こういう類いの曲はそれがない。
本当に37年ぶりに聴かせていただきました。
深夜に勉強しながら聞きたいですね。

知らない人でも(多分ほとんどの人は知らないと思いますが)、AORがお好きな方には結構良いかもしれません。
まさか、こんな出会いがあるとは思いませんでした。

これこそ、まさに「マジック」でしょう。

仮面ライダーフィギュアコレクション

3月はブログ更新強化月間であります。
昨日も書いたような気がします。

「仮面ライダーフィギュアコレクション」の創刊号が届いたのでご紹介いたします。
011_20170302153524849.jpg
毎回ライダーのフィギュアがついてきます。創刊号は990円。よくあるアレです。
第1号についてきたのは、やはり仮面ライダー1号です。
012_20170302153526ec8.jpg
これが、なかなかどうして、うまく出来てるんすよ、旦那。
写真よりも実物はもっと格好いいですよ。
013_20170302153529293.jpg
一見メタルに見えますが、持つと軽いんです。素材はPVC+ABS樹脂だそうですが、金属感たっぷりで何の問題もありません。
ダイソーで108円で買ったケースに入れると、そこそこ見栄えがするわけです。
015_201703021541124aa.jpg
左にあるM696のアクリルケースは特注だから、写真で比べると透明度や平面性が違いますが、肉眼では無問題です。
フィギュアには薄っぺらい冊子がついておりまして、藤岡隊長のインタビュー記事も掲載されております。
014_201703021535296dc.jpg
これにはおっさん達もイチコロですね。
とりあえずフィギュアのクオリティが高いので、この号だけでも「買い」だと思います。
次はV3ですぜ、旦那。
これも格好いいんですよ。でも、定価が1990円。
全49巻をコンプリートすると1号の初期バージョンフィギュアがもらえるそうです。
これはほしいけど、10万円近くかかりますからね。
おっさんの足下を見るのもいい加減にしてほしいところです。
初期バージョンだけ3000円くらいで売ってくれないでしょうか。
とにかく、世のおじさん達、創刊号だけでも買っときましょうね。

これは即買い。


これが悩ましい。

タイヤ交換

3月になりました。ブログ更新強化月間であります。
何気ないことを書いて参ります。

愛車が丸5年を迎えまして、2回目の車検を通しました。
今の車にはとても満足しておりまして、全く買い換える必要性を感じないものですから、しばらく乗り続けようと思っております。
ただ、5年間タイヤを替えなかったので、さすがにやばいよね、ということで交換してもらいました。

ビフォーです。
009_20170301174048647.jpg
2万キロ弱しか走っていないので、減ってはいないのですが、ひび割れがね。

で、アフターです。
010_20170301174049eed.jpg
素晴らしいです。黒いし。
タイヤってこういう黒さだよね。

新しく履かせたのはダンロップの新製品、ルマン5でございます。
履き替えてから走った感想ですが、とにかく静か。乗り心地が良い。
だいたい私はタイヤがついているかどうかくらいしかわからない男でして、接地感とかグリップとか、そういう難しいことは全くわからないのです。
でも、ルマン5は明らかに静か。エンジン音が目立って、ちょっと楽しいです。
さらに乗り心地が良くなってます。体感できます。
今までの5年間は何だったのよと思うくらいです。
タイヤでこんなに違うものなんですね。
4本替えるとそれなりのお値段はしますが、この改善からすると全く安いものだと思いました。
(まあ、1本だけ替えるというわけにもいきませんし)
逆に言うと、純正もっとしっかりせいと。ちょっと言いたくなるわけです。
それにしても、アクセラは気持ちよく走りますね。とても楽しゅうございます。

今日はこれだけです。
独り言のようなお話で恐縮です。
では、また更新します。
プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか