小さな恋のメロディ

第三回 新・午前十時の映画祭」(長いわ)が始まった。
今回のグループB第一弾は「小さな恋メロディ」。
今日の公開のために体力を振り絞って観に行ってきた。

この映画に関して語ることは何もない。
何度観ても切なくて甘酸っぱい感覚で胸がいっぱいになる。

1971年製作のイギリス映画で、僕が初めて見たのは中学1年の時のテレビ放映だった。
一目でメロディ(トレーシー・ハイド)に恋をした。
ジャック・ワイルドのカッコよさ、マーク・レスターの超絶美少年ぶり、トレーシー・ハイドの初々しさ。誰一人欠けていてもこの映画は成功しなかっただろう。もっとも、ヒットしたのは日本だけだったらしいが。
当時の映画雑誌である「スクリーン」や「ロードショー」では毎年3人が人気俳優のトップテンに入っていた。
冒頭で早朝のロンドンの風景と共にビージーズの歌が流れる。
その瞬間に気持ちは一気に10代の少年に戻る。

この映画の素敵な点は終始子どもの目線で語られているところだろう。
子どもは無知で愚かで、大人が導いてやらねばならない存在ではない。
おとなは常に子どもから真実を教わるのである。

メロディ: 50年の幸福。50年って長いわね。

ダニエル: 休暇をのけて150学期だ。

メロディ: 愛し続ける?

ダニエル: (うなずく)

メロディ: 無理だわ。

ダニエル: 愛し続ける。もう一週間愛してるよ。


客席はほぼ中高年で占められていた。
みんな106分間は少年少女に戻っていたことだろう。
若い人たちにも是非観てほしい。
永遠に色褪せることのない、小さな、真実の恋の物語なのである。

001_20150404163227454.jpg

002_20150404163226d60.jpg

004_20150404163225972.jpg

003_20150404163225a1f.jpg

005_201504041632249ca.jpg

006_201504041632132ad.jpg

007_20150404163211c9e.jpg

008_201504041632104af.jpg

009_20150404163209eaf.jpg

010_201504041632075bd.jpg
プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか