竹島上陸(未遂)

今日はお天気も良く絶好のバイク日和だった。
そこで、弐号機(M696)に久しぶりに火を入れて、蒲郡まで走ることにした。
ずいぶん長い間乗っていなかったので、バッテリーが心配だったが、セルボタン一発で弐号機は覚醒した。
まるで「待ってたぜ、相棒」と喜びの声を上げているかのようだった。

高速道路は単調でそれほど好きではないのだが、今日の弐号機はひと味違った。
久しぶりだったもの。
回転はなめらかに上昇し、猛々しい咆哮が響き渡る。
天敵の白いCB1300と覆面に気をつけて走っていると、あっという間に蒲郡に到着した。

ちょうどお昼時だったので、いつも行く「和食処 山女魚」さんにお邪魔した。
今日は何故かすごい混雑。
お客さんの話に聞き耳を立ててみると、どうやら最近テレビで紹介されたらしい。
なるほど。テレビって怖いね。

いつもは特上刺身御膳を注文して動けなくなるほど食べてしまうので、今日は普通の刺身御膳をオーダーした。
普通と言ってもこのボリューム。
066.jpg
やっぱりお腹いっぱいになってしまった。
小食の人は「ご飯少なめ」でお願いした方が良さそうだ。
これで1101円(税込み)はすごいお値打ち。

でも、お刺身を食べただけで帰るのはもったいないので、以前からの計画を実行することにした。
「竹島上陸作戦」である。
まあ、いろいろと話題だからね。
ちょっと行ってみよう。

竹島には誰でも簡単に上陸できる。
ていうか、ご丁寧に島まで橋が架けられている。
071.png
写真で見るとこんな感じ。
070.jpg
静かで、海から吹く風が心地よい。
072.jpg
何故か鳩がたくさんいる。
カモメじゃねえのかよ。
海にはカモメだろうが。
まあ、鳩でも良いけど。
最近、カラスとも距離が縮まってきたからね。

「ぴ~ひょろろろ」
澄み切った鳴き声が頭上から聞こえてきた。
073.jpg
僕の上でトンビがくるりと輪を描いた。

ベンチに座ってしばらく海を眺める。
074.jpg
少年が遊んでいる。
いやあ、実に平和ですなあ。

さて、いよいよ竹島に上陸しようと思ったのだが、平和すぎて完全に戦闘意欲がそがれてしまった。
何よりも橋の長さが結構あって、あそこを歩くのかと思うと闘う前から戦意喪失したと言った方が正しい。
バイクに乗っているときは元気なのだが、いったん降りると、完全に老人に戻ってしまうのだ。
やだねえ。

せっかくだから弐号機の記念写真を撮った。
069.jpg
まあ、みんなこんな感じで世界が平和になってくれれば良いんだけどね。

竹島上陸作戦失敗である。
竹島ってここのことでしょ。
え、違うの?


CROW'S(カラスのことならナンでもマガジン)

雑誌「CROW’S」の創刊号が届いていた。

065_201405162050396a1.jpg

「CROW’S」は、カラスが大好きな人たちの集まり「カラス友の会」が、カラスが好きで好きで堪らなくて、勢い余って創ってしまった雑誌だ。(間違ってたらごめんなさい。)
雑誌の巻頭にカラスと戯れる美女のグラビアが8ページにわたって掲載されている。
その美女こそ我等の女神・福山理子さんだ。
自分はカラスには縁もゆかりもなく、取り立ててカラスに興味があるわけではない。(またまたごめんなさい。)
理子ちゃん目当てで買ってみたのだが、読んでみると、なかなかどうして面白いではないの。
やはり、何かにとことん愛を注ぐ人の書く文章は、気持ちが伝わってくるよね。
僕はバイクが好きで、新聞にバイクに関する小さな記事を見つけただけで、目が引きつけられてしまう。
だからバイクのことしか書かれていないバイク専門誌は僕にとって最高の書物だ。
だって、何処を開けてもバイクの話なんだもん。
「CROW’S」も恐らくカラス好きの方々にとって同じ思いで読まれているのだろう。
そういう○○愛で溢れたものって、面白くないわけがないよね。
新しい世界を垣間見せてもらった気がした。
最後にカラスをジビエ料理として提供するレストランの紹介記事が載っているのだが、それは良いの?
カラス食べて良いの??
いやあ、愛情とはどういう形をとって表れるものなんでしょうね。
実に興味深いです。

カラスについてもっと知りたいと思った人は「カラス友の会」のサイトへどうぞ。
http://karasu.petit.cc/

思ってたより良かったな、カラス。




カリオストロの城

「ルパン三世 カリオストロの城」のデジタルリマスター版を観てきたよ。
064_20140515203250856.jpg
劇場で見て、VHS(懐かしい)で見て、DVDで見て、今までに何十回繰返して観たか分からない。
自分的には宮崎駿監督の長編アニメーーションの最高傑作だと思っている。
Cool Japanのアニメというよりも「マンガ映画」の趣を残した傑作娯楽活劇だ。
全てのシーンもセリフも覚えているのに、画面に釘付けになって一瞬たりとも目が離せない。
これだけ繰返して観ても面白い映画ってそうはないと思う。
しかも、レストアされたきれいな大画面で音は5.1chになっているから、テレビでしか見たことがない方は是非劇場へ足をお運びください。
もう文句のつけようがありません。
ただひとつだけ、上映時間が夜の1回だけなのが残念だ。昼間にも上映してもらえると多くのお子さん達にも見てもらえると思うのだが。
手放しの☆五つです!

★★★★★(映画中年 猫助)

公式サイトはこちら
http://cagliostro-remaster.jp/introduction.html




Kohhy !!

昨日、名古屋ブルーノートで行われた小比類巻かほるのライブに行ってきた。
名古屋には1年ぶりに来てくれた。
昨年後半の「SO REAL LIVE」には是非とも行きたかったのだが、都合が付かなかったので、その分もテンションが思いっきり上がっていた。

やっぱりKohhyはすごいわ。
天性の歌唱力は変わらず、さらに円熟味を増した歌声は感動を呼ぶ。
今回はホーンセクションも入っていたから更に盛り上がってたね。
やっぱり、「Together」とか「Dreamer」はホーンが入ると良いね。
スーパーギタリストのマサ小浜さんのスーパープレイも堪能できたし最高の夜だった。
人生後半戦のオッサンですが、最初から最後までノリノリでしたよ。
ライブハウスの距離感がたまらないな。
Kohhy最高!

「Kohhyを知らなくても損はしないが、知っていると人生は更に豊かになる」
あれ、どっかで聞いたセリフだが、そんな感じですよ。

この後、東京と大阪でもライブがあるから、体験したい方は是非!

5/15(木)六本木スイートベイジル

小比類巻かほるツアー2014
「Kohhy with Solid Platinum band」
小比類巻かほる(vo)、
Kohhy with Solid Platinum band [ルイス·バジェ(tp)、 川上鉄平(tp)、石戸谷斉(tb)、副田整歩(sax)、長井ちえ(g/cho)、 ケイレブ・ジェイムス(pf/vo)、松本幸弘(ds)、村田隆行(b)、 原口知己(cho)、アリヤ美穂(cho)]
ミュージックチャージ7,000円
開場18:00 開演19:30

http://stb139.co.jp/site/calender/cal/4227.html


5/31(土)ビルボードライブ大阪

小比類巻かほる 2014ツアー「Kohhy with Solid Platinum band」
長井 ちえ / Chie Nagai (g,vo)
ケイレブ・ジェイムス / Kaleb James(p,vo)
松本 幸弘 / Yukihiro Matsumoto(Drums)
村田 隆行 / Takayuki Murata(Bass)
原口知己 / Tomomi Haraguchi (cho)
上杉 雄一 / Uesugi Yuichi (Sax)
川上 鉄平 / Teppei Kawakami (Tp)
遠山拓志/ Takushi Tohyama (Tp)
石戸谷 斉 / Hitoshi Ishitoya (Tb)

http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=8948&shop=2


公式サイトはこちらです。

http://www.kohhy.co.jp/

ブログ修正

昨年ぷららのBroachからFC2へブログの引っ越しを行った。
Broachが重くて使い勝手が悪く、今後の開発も見込めなかったためだ。
やはりというか、Broachは閉鎖されることになった。
閉鎖に伴い、Broachが他所のブログへの移行サービスを開始した。
去年、自腹で移行した自分がちょっと可哀想だ。
しかし、去年移行した際は画像の保存にpicasaを利用しており、公開設定にする必要があったので、あまり好ましくないとは思っていた。
これを機に移行ツールを使って、写真もFC2のサーバに移すことにした。
さすがにBroachのツールだけあって、元のブログの再現性は素晴らしい。
写真が横になったり、逆さになっているところもきちんと再現してやがる。
ただひとつ、皆さんからいただいたコメントがかなり消えてしまっているのだ。
戻せるものは戻したが、消えてしまったものもある。
せっかくコメントを書いてくださったのに消えてしまった方々にはこの場を借りて深くお詫び申し上げます。
まあ、消えたのはほとんどが自分のコメントだったのだが。

本当にごめんなさい。
138.jpg

ミッション発動!

所ジョージさんの「世田谷ベース」から生まれたSnakeMotors
そこから新しい250ccのカフェレーサーが発売される。
開発コードネームは「77」。
061_20140508200835c49.jpg

062_20140508200834161.jpg

カフェレーサー好きの自分にとって、このスタイルはまさに直球ど真ん中のストライク!
あるディーラーさんでは既に予約が始まっていて、598,000円(税別)だそうだ。
何とも絶妙な値段だな。
置き場所があったら欲しいなあ。
ブレーキなんか見ると、スピードを出すバイクではないことが分かるが、まあカフェに行くだけだからこれで良いのだ。
いやあ、欲しいなあ。

いや、今日の本題はバイクの話ではない。
スネークモーターズさんがイメージガールのオーディションをやっている。
063_20140508201445003.jpg
まずは書類選考で10名に絞る。
その後一般投票で5名が最終選考に残ることができる。
最終審査は所ジョージ社長が自ら行い、3名のイメージガールが決定となる。

そのオーディションに我等が福山理子先生(初代ミニスカポリス)が出ておられるのだ。
福山先生が今さらイメージガールのオーディションもないと思うのだが、動機が「バイク業界を更に盛り上げたい」ということなので、これはどうしても応援しなければならない。
理子ちゃんのバイク愛はバイク乗りの誰もが知るところだ。
その人がスネークモーターズのイメージガールになれば、すっごく面白くなりそうだと思わない?

で、ここで皆様にお願いです。
今、一般投票受付の真っ最中なのです。
下記↓のサイトで福山理子さんに票を投じていただけないでしょうか。
http://vote1.fc2.com/poll?uid=23799697&no=1&mode=browse

理子ちゃんのバイク愛は必ず所ジョージさんに伝わると思うのです。
たぶん、伝わるんじゃないかな。
伝わるといいな。
でも、そのためには最終選考に進まなければなりません。
連続投票はできませんが、6時間空ければ再度投票できるそうです。(公式にそう書いている。…割とゆるいのね。)
一票でもかまいませんので、ご協力をお願いいたします。

理子友のみんなは睡眠時間削ってでも6時間おきに投票すること。
でないと、逮捕されちゃうよ!


投票は5月20日まで。(これもホントかどうかよく分からないが。)
よろしくお願いしまーす!!<(_ _)>

映画 「シェリー」

風邪が抜けなくて、今日も好天だがバイクに乗れず家で静養している。
寝転んでiPadでネットを見ていたら、Amazonのインスタントビデオに映画「シェリー」を見つけた。
題名から分かるとおり、尾崎豊にオマージュを捧げる作品で、僕の大好きな福山理子さんが出演されている。
2年前から公開が待たれていたが、先月、渋谷でプレミアム上映会が行われた。
残念ながら僕は行けなかったのだが、この夏から順次ロードショーにかけられるとのことで楽しみにしていた。
それが何故Amazonで観られるのか、よく分からないままレンタルしてみた。

舞台は尾崎が亡くなった1992年。
066.png
バイクで疾走する18歳の青年(森崎ウィン君)が主人公だ。
自分を見つけられず、悩み、唯一尾崎の歌を支えにしている。
067.png
家族。
068.png
母親役は真行寺君枝さん。福山理子さんは姉として重要な役所を務めている。
069.png
若さゆえに悩み、傷つく。表現しがたい心の叫びを代弁してくれたのが尾崎豊だった。
070.png
青年は大きなものを失うが、自らを変えることで新たな希望を手に入れる。

良い映画を観せてもらった。
尾崎の歌をベースにすることで、お決まりの青春映画に終わらせることなく物語に深みを出している。
たとえ尾崎豊を知らずとも、十分楽しめるだろう。
観終わった後に爽やかな余韻を残してくれる良作だ。
映画館で公開されたら必ず観に行こう。

ゴールデンウィークを家で過ごす方はどうぞご覧になってみてください。






テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか