8耐の季節

今年も鈴鹿8耐の季節がやってきた。
今回は出場選手が豪華で、是非生で見たいと思った。
が、根っからのインドア派であるオッサンが、8時間もの間暑い中での観戦に耐えられるとは考えられず、今年もクーラーの効いた部屋でテレビ観戦することにした。

やはり、8耐にはいろんなドラマがあるわけで。

序盤でトップを走る中須賀選手がまさかの転倒。ハガノリの8耐は出番もなく終わってしまった。

中盤での清成選手の転倒、炎上にはかなりビビった。

しかし、一番テンションが上がったのは、ラスト間際の表彰台争いだった。
8時間走って、ギャップがコンマ数秒という信じられないような僅差。
エヴァンゲリオン初号機がヤマハフランスをいったん抜いたときが、自分の中での今年の8耐のクライマックスだった。
再度ヤマハフランスに抜き返された後、これから最後の追撃!というときに、まさかのトラブル。
「エヴァンゲリオンが帰ってこな~い!!!」という悲痛な実況を聞いて、オッサンは失神しそうになった。
表彰台争いから一転、残り3分でのリタイヤ。
個人的に応援していただけにショックだった。

そんな、数々のドラマを残し、今年も8耐は花火とともに幕を閉じた。

来年は生で見よう。
と、毎年見終わった後はそう心に誓うオッサンであった。

iPadのWiFi接続

前回、出張にiPadを持ち歩いていると書いたが、出張先でもネットを普通に使いたい。
最近のビジネスホテルは標準でLANケーブルが部屋に備えられている。
ただ、iPadはLANのコネクタがないので、そのままでは使えない。
3G回線を使えば一応ネットにはつながるが、やはりWiFi環境で快適に使いたい。
そこで、オッサンが使っているのは、ロジテックの無線LANルータだ。



このルータの良いところは、とにかく小さくて軽いということ。



suicaよりも小さい。ACアダプターを含めた重さも持ち歩きに全く影響がないといって良い。
接続もいたって簡単。
自宅と変わらない環境でネットが使えるのが嬉しい。
これも手放せない道具の一つだ。


話は変わるが、今日は弐号機(M696)を駆って海を見に行ってきた。



夏の海の色だ。
仕事の疲れもこれで吹き飛ぶってもんですよ。

来週は弐号機のオイル交換をしてもらう。
晴れますように。




iPadのキーボード

オッサンはサラリーマンだが、仕事に繁忙期と閑散期があって、今は繁忙期の真っ只中なのである。
閑散期は居眠りをしているオッサンも、今は毎日モンスターエナジーを飲んで頑張っている。なんだ、やればできるじゃん。

しかし、出張が多いので、報告書は自転車操業になってしまう。一旦溜まると一生書けなくなるので、宿泊先のホテルや新幹線の中でiPadを使って書くことにしている。
今までは、それでなんとかしのいでいたのだが、出張が増えると、iPadのキーボードでは追っつかなくなってくる。そこで、キーボードを買うことにした。

調べてみるとたくさんあるのだが、自分はこれを選んでみた。

写真がぼけててすみません。
アルミ製で、iPadの保護カバーも兼ねている。カバーとして使うときはちゃんとシャットダウン機能が働く。

キーボードとカバーを合体させるとこうなる。


背面から撮った写真がこれ。


実際に使うときは、iPadを立てる。

安定感があって使いやすい。

使ってみると、なかなか良い仕事をしてくれる。

<良い点>
ソフトキーボードと物理的キーボードでは比べものにならないくらい快調に入力ができる。
数字1,2,3とか、記号( )、~とかをいちいち切り替えなくても打てるので仕事がはかどる。
色がiPadにマッチしていて違和感がない。
USキーボードがおしゃれ。
Bluetooth の接続が簡単。
安い!!

<残念な点>
本体は軽いのだが、iPadとあわせると1kgくらいになってしまい、ネットブックの本体と変わらない。
しかし、起動の速さ、バッテリーの持続時間、本体の薄さ、ACアダプターの小ささ等々、ネットブックに比べて大きなアドバンテージがあり、文章作成の仕事ならiPadの方が絶対に使いやすい。
特に長期の出張になると、少しでも荷物を少なくしたいので、iPadの出番が増えてくる。
使われないネットブックがちょっとかわいそうだけどね。

というわけで、しばらくはiPadとこのキーボードが手放せなくなりそうだ。





セレブなあなたにはこちらをご用意いたしました。


オッ散歩

出張が続く日々。
昨日は久々に弐号機(M696)に火を入れた。
スロットルを開けると、鋭い加速とともにストレスも置き去りにできる。そんな気がしたよ。

で、今日は嫁と二人でまったりとお散歩。

磐田市にある「医王寺」に出かけてみた。
迎えてくれたのは可愛らしいお地蔵様2体。

誰がお供えしたか分からないが、プチトマトが置いてあった。謎。

このお寺は、山門に続く参道に生える苔の緑が美しい。


寺の境内も同様に苔で覆われている。


ホームページを見ると、小堀遠州の手による枯山水のお庭も拝見できるらしい。
それを知らなかった我々は、境内を見ただけで帰ってしまった。
そういうことは来る前に調べておくべきだ。一生の痛恨事である。

医王寺だけだと物足りないので、森町の「小國神社」に行くことにした。
桜や紅葉の季節は数キロにわたって車が渋滞するほど混雑するのだが、梅雨の合間は意外なほどにすいている。

拝殿へと続く長い長い参道。


途中には鯉が棲む池なんかもあったりする。

「鯉のえさ 五千円」と書いてあってビックリしたが、よく見ると「五十円」だった。そうだよねえ。5000円と思う方がどうかしてる。

神社の拝殿。立派な建物だ。


神社の裏手には森の中を散歩できる道がある。

赤い橋はきれいだねえ。周囲の緑に良く映える。家にもひとつ買っておこうか。

小川のほとりを散策するコースは、森林浴を十二分に満喫できる。


「もののけ姫」の森みたいだね。


普段はこんなに木に囲まれることも、きれいな空気を吸うこともないので、本当に癒された。
こんな場所に手軽にいけるなんて、オッサンは恵まれておる。
そんなことを感じた一日だった。



洗車の日

久々の弐号機(M696)ネタです。
これまた久しぶりに洗車をいたしました。
今日は天気予報が雨だというので、室内でチェーン清掃などを地味にやろうと思ったわけで。
と思ったら、午後からいいお天気になっちゃった。ちぇっ!こんなもんなの?

気を取り直して、今回導入した新兵器を紹介。


Jトリップのフォークアップスタンド。
先日ウェビック20%offセールで買いました。
これとは別にフロントスタンドというものもあって、それはフォークの取り外しなんかもできる。
しかし、オッサンの用途は100%ホイールの清掃。
自分でフォークを取り外すことはまずないので、これで十分。
いやあ~、ホイールがクルックル回って愉快愉快。お掃除も楽ちん。

前後のスタンドを取り付けると、こんな感じになります。

やはり、スタンドがあると作業がはかどるね。
チェーンの汚れも、ホイールの汚れもきれいにしました。

今回、フォークアップスタンドの他に、こんなのも買っています。
以前はフロントブレーキを輪ゴムで固定していたのですが、


今回は、アリートのブレーキロックを使用。

まあ、これもゴムなんだけど、イタリア製というだけでレベルが1ランクほど上がったような気がします。
気のせいなのは分かってますが。

フロントホイールの清掃をしようと思ったら、ホイールがビクともしないので、大いに焦ったワケですが、ブレーキロックをしたままだったことに気づきました。
これで動いてたら怖いよね。

まあ、そんなこんなで、僅かばかりの体力を振り絞り、弐号機(M696)は見事に新車の輝きを取り戻したのでした。

現在走行距離は約6700キロメートル。
もうすぐオイル交換だねえ。

早く梅雨明けてくれないだろうか。



Jトリップ /赤フォークアップスタンド

Jトリップ /赤フォークアップスタンド DUCATI

ariete アリート /ブレーキロック

ariete アリート /ブレーキロック


Q !!!

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q」の公開日が決まったよ!
11月17日!
公開日が決まっただけで、とにかくすごい盛り上がり方だ。
みんな待ってたんだよなー。
予告編の音楽聞くと、やっぱりテンション抑えきれないよね。
とりあえず、病気や事故には気をつけて、公開の日に備えよう。

プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか