わが母の記

ゴールデンウィークの最終日、嫁と一緒に映画を観に行ってきた。

観たのは『わが母の記』。

日経新聞の映画評で五つ星(最高点)が付けられていたので、オッサンは全く期待していなかった。
というのも、日経新聞の書評や映画評に過去どれだけ騙されたか、という思いが恨み骨髄となってオッサンの身体に染みこんでいるからだ。
今回も退屈な映画だろうと思いつつも、嫁に誘われてお付き合いのつもりで観に行った。

ところが・・・これが、良かったのよ。
原田眞人監督偉い!ご立派!☆☆☆☆☆五つ星さしあげます!!
物語は単純なのだが、決して飽きさせず、観終わった後にはさわやかな感動が心の中にとどまり続ける。
本当に上質な映画というものを久しぶりに観たような気がする。
また、配役がいい。役所広司、樹木希林、宮崎あおいという芝居上手が観る者を自然に物語の中に引き込んでいく。
樹木希林なんて、ホントにボケてるのかと思ったし。
この映画は観ておいて損はないと思いますよ。

ちなみに、今日の上映では、観客のほとんどを中高年で占めていた。
オッサンなんて、最若年の部類だったに違いない。
男だらけの『キリン』といい、最近の映画はこうもはっきりと観客層が分かれるのだろうか。
この映画は、若い人にも観て欲しいなあ。

お休みの最後にこんな感動をもらえて、ホントにハッピーな一日でした。


プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか