お詫びと訂正

けさ、NHKの「おはよう日本」を見てたら、アナウンサーがお詫びと訂正の放送をした。

『さきほど、フラガールの公演を午後1時30分とお伝えしましたが、正しくは午後8時10分でした。』

えぇ~~?!

間違うにしても程があるよ。

訂正の放送を見ずに公演に行った人はかわいそうなことになるね。

セガンティーニ

セガンティーニ展を見に、静岡に出かけた。
セガンティーニは、ひたすらアルプスを描き続けたイタリア人の画家だ。
オッサンは、このセガンティーニの絵に恋い焦がれ続けている。

これにはきっかけがある。

もう何年も前になるが、東京に住んでいた頃の話だ。
仕事で心身ともに疲れ切って、家に帰るため夜遅く地下鉄に乗っていた。
吊革につかまってうつむいていたオッサンは、ふと顔を上げた。
そこで目に入ってきたのがスイス展の中吊り広告だった。
その広告に使われていた絵がセガンティーニの「アルプスの真昼」だったのだ。




絵を見たとたん、氷が溶けるように、急速に心と体に暖かいものが広がってきた。
アルプスの光と風に触れたかのような感じだった。

「ああ、いいなあ。」

たぶん、声に出ていたと思う。
このとき、オッサンは絵に「癒される」という感触を強く味わったのだ。

この絵は、人物が中心に描かれているが、服の色などは風景に同化しており、主役はあくまでもアルプスである。
人物画と言うよりは風景画と言えるだろう。
遠くを眺める人物の視線を通して、雄大なアルプスの一大パノラマが頭の中に広がってくる。
セガンティーニ渾身の一枚である。

実は、「アルプスの真昼」というタイトルの絵はもう一枚ある。


こちらは以前、展覧会で実物を見た。
複製画を買って、部屋に今も飾っている。
この絵も好きなのだが、オッサンとしては前出の絵の方が好みである。
今回も複製画を購入した。
2週間ほどで家に届けてくれるという。
到着が今から楽しみだ。

死ぬまでには一度本物のアルプスをこの目で見てみたいと思っている。



全くの余談ですが、今日のお昼は、大戸屋の焼き鯖定食でした。

鯖は脂がのっていて、身はふっくらと焼かれている。
温かいご飯とともにいただくと、幸せを感じる。
オッサンは鯖にも癒されているのか。
ああ、ありがたや、ありがたや。

プロテクター

9月も半ばだというのに、何という暑さだろう。
こんな猛暑にあっても、オッサンは律儀にプロテクターの入ったライジャケを着て走る。
転んだら命に関わるからね。まあ、絶対に転ばないんだけど。

これが、もう少し涼しくなると、オシャンティーな革ジャケットを着て走りたくなったりするわけだ。
オシャンティーな革ジャケットにはプロテクターが付いていないので、安全上不安が残る。
そこで、インナーのプロテクターの出番というわけだ。


この、ホンダのセパレートベストが欲しかったのだが、値段が結構高い。

そこで見つけたのが、コミネのボディープロテクションインナーベスト。

これはフロント。胸部保護のプロテクターが備わっている。


これがバック。脊髄保護のプロテクターを装備。

十分な機能を備えていて、お値段はホンダ製の約半分。抜群のコスパですな。
安さの理由として、ワンサイズしかないのだが、ベストの生地には伸縮性があり、よほど特殊な体型でない限り問題はないと思われる。
オッサンにはジャストフィットだった。



街では半袖のTシャツや半パンでバイクに乗っている人をよく見かける。
暑いのは分かるが、オッサン的な考えでは、これは「なし」だ。
何があっても生きて帰ってこなくてはならないからね。

そんなことを考えていたら、こんな写真があった。



うひゃっ! こ、これは・・・

「あり」とします。(*´ェ`*)ポッ




KOMINE コミネ/SK-620 ボディプロテクション インナーベスト

KOMINE コミネ/SK-620 ボディプロテクション インナーベスト


セレブなあなたはこちら。

HONDA ホンダ/ボディプロテクター セパレート ベスト

HONDA ホンダ/ボディプロテクター セパレート ベスト


空気圧を測る。

風邪とか、雨とか、台風とか、いろいろあって約1ヶ月も弐号機(M696)に乗ることができなかった。
今日は良いお天気で、やっと乗ることができた。
1ヶ月も放っておいてごめんよ。
心の中でつぶやきながらセルを回す。
弐号機は一発で覚醒する。
すごいねえ、、今時のバイクは。

おっと、エンジンを回す前にやることがあった。
1ヶ月も放っておいたので、タイヤに空気を入れなければ。
ラフ&ロードのエアポンプを持ち出して空気を入れる。



このエアポンプは親切なことにエアゲージが付いていて、空気圧を測りながら空気を入れることができる。
ただ…



このゲージ、ちょっとアバウトすぎないか。
このゲージででフロント2.25barを正確に測るのは神業に近い。

よく説明を見ると、
「付属のエアゲージは充填時の目安にご使用ください。正確なエア圧は精密エアゲージを別途ご使用ください。」と書いてある。
げっ。そんな中途半端なゲージを付けるな。
まあ、オッサンは神業で2.25barを測ったので問題ないが。

このエアポンプ、大容量と高圧をレバー一つで切り替えできるので、使い勝手は非常に良い。
使えないエアゲージを付けたこと以外は良くできているといってもいい。

今度のナップスの決算セールでは使えるエアゲージを探すことにしよう。



ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーフロアポンプEVO

ROUGH&ROAD ラフ&ロード/パワーフロアポンプEVO


プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか