ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q その3

Qの劇場公開も今日で最終日。
仕事の帰りに映画館に寄ってきたよ。
黒波さんのポストカードもろた。



鑑賞3回目にして、この映画の面白さがよく分かった。
ひょっとして傑作ではないの?
1回目は呆然。
2回目は納得。
3回目で堪能。という感じだろうか。

「破」で描かれていた日常が徹底的に排除されることで、戦闘シーンの凄さが際立って見える。
緩急の付け方が実に上手い。
最初から最後までド派手なアクションが観客の目を引きつけて放さない。
3回目にして登場人物の心の動きまで深く考えて観ることができた。
まとめると、つまり、
ファイナルがすっごく楽しみっちゅうことだ!
これで長生きすべき理由ができた。

映画専門誌「映画秘宝」が、2012年最もトホホなサイテー映画の第3位に「Q」を選んだらしい。
選者は1回しか観ていないのだろうか。まさか1回も観ずに書いたって事はないよね?
まあ、「映画秘宝」自体がトホホな雑誌なので気にもならないが。

帰りにムビチケ買ってきたよ。
明日から公開の「DOCUMENTARY OF AKB48  No Flower Without Rain」。

たかみな総監督の涙の意味は?
これも楽しみだねえ。

おまけに付いてきた写真は、

ぱるる! ラッキ~!

何だか、AKBは今大変なことになってるみたい。
みいちゃんが自分で丸坊主にしちゃったよ。
グループが揺れている。
でも、こんな時こそ支えるのがファンの役目ってもんでしょう。
ファンの力とメンバーの力を信じて、危機を乗り越えてもらいたい。
秋元先生の手腕に期待いたします。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q その2

ヱヴァQ公開から1週間。
納得できない部分が多すぎるので、もう一度観に行ってきた。

【以下ネタバレ注意】



一度観ているので、初めて観たときのような「置き去り感」は薄まっていた。
この感覚は他ならぬシンジ君が感じていたものだ。
それにしてもシンちゃんが不憫でならない。
「破」で丁寧に描かれていた日常が徹頭徹尾排除された世界で、シンちゃんに突きつけられた現実は想像を絶する。
1回目に観たときは、ミサトさんの冷たさが理解できなかった。
「破」で「行きなさい、シンジ君!」と言ったのはあなたでしょ。
でも、2回目の鑑賞ではクライマックスシーンで、ミサトが叫ぶ「シンジ君!」という言葉にミサトの複雑な感情を読み取ることができた。
まあ、首に付けた装置を発動させるトリガーを引けなかった時点で、これは見えていたが。
アスカやマリも口調は厳しいが、シンジの存在を否定するものではない。
とすると、Qは旧劇のような単なる鬱的な物語ではないのではないか。
何よりもシンジ君が旧劇の時とは比較にならないくらい前向きになっている。
ぜーレが消えたことで、焦点はゲンドウによる補完計画に絞られたので、余計な事をあれこれ考えなくても済む。
何となく、完結編に対する希望の光が見えるような気がしてきた。
シンジを幸せにできなかったカヲル君が語った「希望は残っているよ。どんな時にもね」というセリフがここで生きてくる。

庵野監督が以前TVのインタビューで、エヴァは哲学的な話ではなく衒学的な作品である、そこに逃げ場を作ってしまったファンの目を覚ますために旧劇を作ったというような話をしていた。
もし新劇が旧劇のような意図で作られたのなら、「破」のとてつもない盛り上がりはQでファンを突き放すための壮大な悪意とすら解釈できてしまう。
しかし、そうではないだろう。
一見鬱展開とも見えるQにも希望がある。
これは新たなエヴァの世界なのだ。
完結編が非常に楽しみだ。

たとえ衒学的でもかまわない。
とにかく、完結編では伏線をきっちり回収して、大団円で終わることを希望する。
あと、しつこいようだが、俺の綾波もきっちり回収するように。
お願いします。





ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

「新劇場版:破」から3年、遂にQが公開された。
シートは2ヶ月前に予約しておいた。
そして、死なないように気をつけ、体調を整え、やっと今日の日を迎えた。
劇場は人でいっぱい。その中でもオッサンはたぶん最年長だった。
まあ、いいもん。庵野監督よりは年下だもん。

【以下ネタバレ注意!】



そう。こう来たの。まさかとは思ったけど。
シンちゃんがかわいそうで仕方ないよ。
で、俺の綾波はどうしたの。
綾波を返せ!
シンちゃんが取り戻してくれたんじゃなかったのか!
ホントに急でありQ(クエスチョン)の連続だった。
「破」のようなポカポカは全くないが、やっぱりもう一度観に行かねば。
一回だけではQが多すぎて整理ができない。

次回はいよいよラスト。
「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」だと。
ヱヴァンゲリヲンではなく、エヴァンゲリオンになっている。
新劇場版ではなく、「シン」が頭に付く。シンちゃんのことか。
今まで通り「:」コロンの後がシリーズタイトルなら、「||」は終止記号だが、
「:||」ここまで含めるとリピート記号になる。
エヴァの世界がループしていることを意味するのか。
相変わらず謎が多い。
予告編の映像があてにならないのは「破」でよく分かったし。
まあ、とりあえずちゃんと解決して欲しい。

あと、俺の綾波は戻してくれよ。絶対に。

公式HPはこちら。
↓    ↓    ↓
http://evangelion.co.jp/


予告編来たー!!!

いよいよ11月17日に公開が迫った『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』だが、遂にカラーの公式ページで予告編が公開された。
序→破と続く流れは映画の内容をそのまま表しているのだが、Qはタイトルからは内容の想像がつかない。
予告編を見てもやっぱり分からない…。
ただ、シンジ君と綾波以外は、あのカヲル君も含めて本気モードみたいなので、凄く期待してしまうね。
どうなるんだろうか。ワクワク感が止まらないよ。
公開まで棒読み状態、いや、秒読み状態。
ヤバい、ヤバいよ!!

で、この子は誰?



予告編はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.evangelion.co.jp/trailer.html

Q !!!

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q」の公開日が決まったよ!
11月17日!
公開日が決まっただけで、とにかくすごい盛り上がり方だ。
みんな待ってたんだよなー。
予告編の音楽聞くと、やっぱりテンション抑えきれないよね。
とりあえず、病気や事故には気をつけて、公開の日に備えよう。

プロフィール

猫助

Author:猫助
ウナギの里、浜松市在住。
オートバイと猫とビールをこよなく愛するオッサン。
肺年齢は89歳。

カウンター
twitter
気づいたら結構つぶやいてたりします。よかったらフォローお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
お買い物をどうぞ
雑誌でも読むか